予防接種・健康診断

インフルエンザ予防接種

ワクチンの効果が出てくるまで2週間程度かかりますので流行期に入る前の予防接種が効果的です。
インフルエンザ予防接種料金 自費の方は税込み3500円です。
2018年シーズンの受付は終了いたしました。
横浜市内に住民登録があり、接種日現在で次の(1)(2)のいずれかに該当する方は2300円で接種可能です。
(1) 65 歳以上の方
(2) 60 歳以上 65 歳未満の方で、以下のいずれかに 1 級相当の障害のある方
心臓、じん臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障害
(1)の方は住所・氏名・年齢を確認できるもの(健康保険証、運転免許証など)をお持ちください。
(2)の方は、身体障害者手帳や診断書など、障害の程度を確認できる書類もお持ちください。

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチンは取り寄せが必要なのでご希望の方は事前に予約をお願いします
横浜市内に住民登録があり、過去に一度も23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがなく、次のいずれかに該当する方は該当する方は横浜市による公費負担により、3000円で接種することができます。
1.今年度、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
2.60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に身体障害者1級相当の障害のある方対象年齢の方
には、予診票が横浜市から送付されます。
60歳以上~65歳未満の対象者や、転入等により予診票がない方は、お住まいの区役所福祉保健課健康づくり係で発行を相談してください。

来院の際は以下のものを持参ください
①予診票 ②住所・氏名・年齢を確認できるもの(運転免許証や健康保険証など)。
5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。接種の年月日は、忘れないようにメモに残しておきましょう

該当しない方が全額自費で受ける場合は8000円です。

麻疹ワクチン

麻疹ワクチンは取り寄せが必要なのでご希望の方は事前に予約をお願いします
特に感染性が強く重篤な感染症で、数年に1回の流行が見られます。有効な治療法がなく、麻疹ウイルスの感染力はたいへん強く、空気感染もあるため予防接種が最も有効な対策となります。
妊娠中の女性が麻疹に感染すると、流産や早産となる可能性があります。妊娠中はワクチン接種ができないため、妊娠前での接種を推奨いたします。
生まれた年により、子どもの頃にワクチン接種の機会が1回しかなかった方がおられます。2回接種をされていない方は接種をご検討ください

麻疹ワクチン接種料金 4800円です。

風疹ワクチン

ワクチンは取り寄せが必要なのでご希望の方は事前に予約をお願いします
現在でもしばしば流行することがあります。特に成人が発症した場合、高熱や発しんが長く続いたり、関節痛がみられるなど、小児より重症化することがあります。また、妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると、赤ちゃんが先天性風疹症候群を発症する可能性があります。
横浜市風しん対策事業というものがあり、 この事業を利用したことがない19歳以上の横浜市民で
1)妊娠を希望している女性 
2)妊娠を希望している女性のパートナーである男性
3)妊婦のパートナーである男性の方
には、風疹抗体検査麻しん風しん混合ワクチン接種を横浜市は補助をしてくれます。
※最初からワクチンを接種するか、抗体検査後にワクチンを接種するか、どちらか選べます。
※ワクチン接種後に抗体検査を希望される場合、抗体検査費用は実費でのお支払いになります。
すでに妊娠中の女性は対象外です。また、接種後2か月間は妊娠を避けるようにしなければなりません。横浜市風しん対策事業のご利用は一度限りです
ワクチン接種の自己負担額は3300円です。

来院の際は住所・氏名・年齢を確認できるものをお持ちください(健康保険証、運転免許証など)

風疹ワクチンは流通量が不足しております。麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)での代用になります。
麻疹と風疹の両方が入ったMRワクチンの接種料金は 8400円です。

予防接種 自費料金
インフルエンザ自費接種 3500円
肺炎球菌ワクチン 8000円
麻疹ワクチン 4800円
MRワクチン 8400円

健康診断 結果は3営業日以降のお渡しとなります

特定健診

国民健康保険・社会保険ともに特定健診実施可能です。
実施曜日は開院日の全ての日で受け付けておりますが、事前に予約をお願いします。
結果は後日対面で通知いたします。

横浜市健康診査

次の方は、横浜市が実施する横浜市健康診査を受診できます。
 市内在住の後期高齢者医療制度被保険者の方 
 市内在住の生活保護受給者のうち40歳以上の方
実施曜日は開院日の全ての日で受け付けておりますが、事前に予約をお願いします。
結果は後日対面で通知いたします。

定期健診

事業者が労働者に対して実施させなければならない健康診断です。
実施曜日は開院日の全ての日で受け付けておりますが、事前に予約をお願いします。
定期健康診断 (安衛則第44条)
1 既往歴及び業務歴の調査
2 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
3 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
4 胸部エックス線検査
5 血圧の測定
6 貧血検査(血色素量及び赤血球数)
7 肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)
8 血中脂質検査(LDL,HDL、TG)
9 血糖検査
10 尿検査(尿糖及び尿蛋白)
11 心電図検査

料金は9800円です。

雇入れ時健診

雇入れ時の健康診断 (安衛則第43条)
実施曜日は開院日の全ての日で受け付けておりますが、事前に予約をお願いします。
1 既往歴及び業務歴の調査
2 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
3 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
4 胸部エックス線検査
5 血圧の測定
6 貧血検査(血色素量及び赤血球数)
7 肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)
8 血中脂質検査(LDL、HDL、TG)
9 血糖検査
10 尿検査(尿糖及び尿蛋白)
11 心電図検査

指定された内容がありましたら、検査項目などがわかるものをお持ち下さい。

料金は9800円です。

簡易健診

1 既往歴及び業務歴の調査
2 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
3 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
4 胸部エックス線検査
5 血圧の測定
6 尿検査(尿糖及び尿蛋白)

料金は4800円です

自費健診


基本的には上記定期健診と同内容です。
不要な項目・追加したい検査項目について御相談ください。

健診結果後の受診

健診で高血圧症・高脂血症・高尿酸血症・糖尿病・蛋白尿・腎機能障害など指摘された方もご相談ください。
高血圧症は二次性高血圧症といい、高血圧症の原因が特定できるものもあります。血圧が高いと初めて指摘された場合や複数の降圧剤治療が必要な患者さんは一度検査をすることが望ましいのでご相談ください。
蛋白尿・腎機能障害は症状がでていない段階での検査が大切になってきます。検査を進めていった方がよい状態かこのまま健診で経過をみていってもよい状態か判断が大切になってきます。